自動車金型・産業車両金型を設計製造、メトリス社製・非接触測定システム導入:日型工業株式会社

日本語English中文

品質保証体制

仕様把握から最終検査まで。万全の品質保証体制

『お客様に納品した金型が品質不良で戻ってくるご迷惑は絶対にかけない!』を合言葉に、入口の「仕様把握」から出口の「出荷前最終検査」まで、二重三重の品質保証体制を確立しております。
「品質第一」は当社の創業時からのモットー。今後もさらにその維持向上に尽力して参ります。


接触式3D面測定

品質保証の主な特長

受注時点でチェックリスト等を活用し、お客様の仕様と要望を余すところなく把握するように努め、最終検査でそれがすべて反映されているかどうか確認します。
3Dモデリング部門には、モデラーとは別の専業の「最終確認者」を配置し、モデリング段階でのエラー根絶に努めています。
金型形状(キャビティ)に関しては、3D面モデルと削り上がった金型との同一性を確認するために、すべて三次元測定機による「3D面測定」を行い、形状保証を行っています。非接触式はこちらから
出荷前最終確認検査では、お客様ごとの「検査仕様書」および「受注時の仕様・要望」に基づいた検査を実施し、「検査成績書」にてこれを保証しております。

△ページトップへ
Copyright (C) 2010 NIKKEI INDUSTRY, Co, LTD. All rights reserved.